男女

自分たちが好きな住宅を建築できる

これから滋賀県で注文住宅を建築しようとしている人の多くは、自分たちの好きな住宅を建築できることから注文住宅を選んでいるといってよいでしょう。つまり、注文住宅が人気の理由は、オリジナルの住宅を建築することができる点です。もし、それに対して制限があるとすれば、金銭的な制限と法律的な制限になります。例えば、美観地区などは和風住宅しか建築してはいけないなどの制限はあるものの、それ以外の地域に関して言えばそれほど大きな制限はりません。

こだわりの住宅建築

滋賀県の注文住宅では、こだわりの住宅建築が可能になります。具体的には、男性ならば書斎を作ることが可能です。これは、建売住宅などではまずありえません。これに対して、女性の場合は、台所に立っていることが多いことからキッチンに力を入れる人は少なくないでしょう。そのため、L字型のキッチンにするなどかなりキッチンだけで面積をとることも可能になります。このように、理想としている住宅を建築しこだわりを前面に出すことができるのが人気の理由です。

まずは業者選びから

建売住宅の場合は、不動産会社を選ぶことで住宅購入の第一歩につながりますが、滋賀県で注文住宅を建築する場合は不動産会社よりもまず建築業者を決めることが重要になります。もちろん、土地がなければ住宅を建築することはできないため、土地を不動産会社から買うことも重要です。ですがそれ以上に大事になるのは、どのような建物にするかです。自分たちの方向性が明確になっていれば、選ぶ業者も明確になってくるでしょう。これに対して、イメージが明確でなければどの業者を選んだらよいのかわからないため最低限イメージだけを頭に入れておきましょう。

住宅ローンは土地と一緒に組む

滋賀県の注文住宅を建築する場合でも、初めから土地を所有している場合と所有していない場合があります。初めから土地を所有していない場合には、土地を購入する資金がなければ住宅ローンを組む流れになります。この時問題になるのは、住宅ローンを組む場合土地と建物で別々の会社にしてよいかです。基本的に、住宅ローンを組む場合には土地と建物の両方とも同じ銀行で組むことになるでしょう。これにより、様々な、デメリットが考えられます。そもそも、建物住宅ローンで購入する場合には、購入前の段階で担保がありません。なぜなら、担保の対象となる建物が建築されていないからです。そうすると、いつまでたっても建物に対して住宅ローンを組むことができなくなってしまいます。これを避けるためには、土地を購入した時に便宜上建物が建築されていると仮定してローンを組むことになります。このように、少し便宜的に行う関係上土地と建物の住宅ローンは同じ銀行から借りることになります。

生活や将来設計までをもデザイン滋賀県で注文住宅を建てるライフスタイルに合わせた家づくりができる!