HOME>アーカイブ>開放感と断熱性を両立した快適な物件も増えている

吹き抜けがあっても温かい家

家族

開放感のある住宅で生活したくて物件の情報を集めていて、吹き抜けのある物件に引っ越そうと考えた際には注意が必要です。吹き抜けというのは天井が高い位置にあるために、暖房などの効率が落ちてしまう可能性もあるので、空調の効率性を意識して建築された滋賀の注文住宅を選んでください。広々とした吹き抜けのある物件には、床暖房なども活用しながら寒さに対処しており、足元から温まりながら開放感を楽しめます。外壁の断熱性にもこだわりを持っている滋賀の注文住宅は、夏場でも吹き抜けのあるリビングで快適に過ごせると好評です。開放感だけを重視して物件を選ぶのではなく、まずは機能性の違いを確認する事が重要だと考えてください。

床下の機能の違いを確認

家の模型と刷毛

一戸建ての住宅に引っ越そうか迷っている時に、まず確認しておきたいのが床下の機能性の違いで、床下に湿気が溜まりやすい物件はカビが発生しやすくなります。床下用の換気扇なども設置できる滋賀の注文住宅は、床下から発生した湿気が住宅内に入り込む事も少なくて、シロアリにも対処しやすい点が魅力的です。換気扇を床下に設置すると聞くと、高い費用を支払う事になりそうだと考える人もいますが、価格の安い小型の床下換気扇でも十分な効果を実感できます。

窓の断熱性の違い

太陽光発電の家

住宅に取り付ける窓のデザインにこだわりを持っている人は、見た目の良さだけでなく機能性の違いも意識しながら、滋賀の注文住宅を選ぶ事をおすすめします。二重サッシを取り付けている物件であれば、冬場にも窓の結露に悩まされる事もなくなり、窓の周囲にカビが発生するリスクにも対処できる点が好評です。カビを放置していると家族の誰かがアレルギーを発症してしまい、住宅を引っ越す事になりかねませんから、よく考えて窓を選ぶ事で結露に対処してください。